コンプレックスだらけの18歳に大阪でのふたえ整形のススメ

SITEMAP

ふたえ整形

ふたえ整形後の腫れの原因と術後ケアの大切さ

ふたえ整形の手術を行うとどのような手術方法であっても術後には必ず腫れが生じます。その原因はメスによって切開したり、医療用の糸を埋没させたりすることでまぶたの中の組織に水分が溜まってしまうからです。そのまぶたの中の水分量が増えることで腫れが生じる理由としては次の3点が挙げられます。
1つ目は手術の影響によって炎症が起り、組織の腫れが生じます。2つ目はメスを入れたり、注射針を刺すことによって出血が起り、腫れが生じます。そして3つ目が皮膚の組織同士を糸で固定することによって血液の循環が悪化し、腫れが生じてしまいます。
これらの原因によって生じる瞼の腫れですが、症状の度合いを術式によって出来る限り最小限に抑えることはできます。しかしやはり、腫れを早く回復させるためにはふたえ整形後にしっかりと身体を休めることが大切です。クリニックから処方された薬はきちんと飲み切るようにし、患部を冷やしたり、お酒やたばこなどの刺激の強いものは控えるようにすることも大切です。また、外出やシャワー、入浴なども医師の指示に従って行うかどうかを判断した方が良いでしょう。
これらのアフターケアを自分なりに行ってしまうと、後々まで晴れ跡が残ってしまうこともあるので、必ずふたえ整形後には医師の指示に従うようにしましょう。